がんは転移する前に病院治療で治そう【救急キャンサー対策術】

先生

日本人で増加している

女性

日本人の間でも食生活の欧米化によって大腸がんの患者が増加しています。大腸がんは早期の段階では症状が出ないので、症状が出来来た時には進行が進んでいるケースが一般的です。転移をした場合に最も多く発症するのが肺と言われています。リンパ節を通じて肺まで転移してしまいます。したがって大腸がんは早期発見が重要です。大腸がんを発見する方法として健康診断では潜血検査を行います。便を検査して血液の混じりを確認することによって大腸の状態を診断するわけですが、潜血反応だけでは確実に早期発見できるとは限りません。年齢が高くなったらファイバースコープによる検査を行うことが早期発見に繋がります。カメラで大腸の中を詳細に調べることになります。

大腸がんの早期発見のためには潜血検査とファイバーによる検査を定期的に行う必要がありますが、大腸の長さには個人差があるので大腸の長さが長い人の中にはファイバーの検査で苦痛を感じることがあります。こうしたケースではMRIなどほかの検査を選択する方が楽に検査を受けれる場合があります。もし大腸がんが発見された場合には転移を防ぐために切除の手術を受ける必要があります。直腸にがんがある場合には肛門を切除して人工肛門を取り付けることもあります。人工肛門を回避するために切除する範囲を狭くすると後で転移をするケースがみられますので、生活していくうえでは多少不便でも人工肛門にすることがその後の転移を防ぐうえでも重要です。