がんは転移する前に病院治療で治そう【救急キャンサー対策術】

先生

胃の癌の原因と予防法

胃に発症する癌の主な原因

男性

胃がんは日本では肺がんの次に発症率、死亡率が高い癌です。男性の発症が多いのが特徴で、男女ともに60代の発症率が最も高いとされています。「早期胃がん」は悪性腫瘍の大きさや、リンパ節への転移に関わらず、胃の粘膜内であるものは全て早期胃がんとされています。胃がんの原因は主に喫煙、過剰な塩分摂取、肉類の焦げの摂取が挙げられます。胃がんの予防として食生活の改善が最も重要であると言えます。胃がんの予防として緑黄色野菜に多く含まれているビタミンA、ビタミンC、カロチンは発癌の予防となります。胃に発症する癌は自覚症状がほとんどなく、早期に発見することが困難なのです。進行すると体重の大幅な減少、下血や吐血などが見られます。またリンパ節への転移の可能性がある為に、転移前の発見が重要とされています。

胃に発症する癌の予防法

胃がんの対処法として、体重の大幅な減少・消化管からの出血が見られた場合は専門の医療機関での検査が必要です。予防として、40歳を過ぎたら内視鏡、またはX線検査による検査を定期的に行うことが重要です。早期の胃がんは自覚症状が全く見られない為、定期的な検査が早期発見へと繋がります。進行するとリンパ節への転移の可能性もある為、早期の発見・治療が何よりも重要だとされています。また食生活の改善が最大の予防となります。タバコには発癌物質が含まれている為、喫煙者は禁煙が望ましいです。食事では塩分の摂取を控えるよう心がけ、焦げた肉や魚はなるべく摂らないようにしましょう。逆に発癌を抑える効果のある、緑黄色野菜を積極的に摂取するようにしましょう。