がんは転移する前に病院治療で治そう【救急キャンサー対策術】

先生

不治の病と言われた

病院

日本の国民の死亡原因の一位にがんがなってからかなりの時間が経過しています。治療法は向上しておりますが、依然として発症すると高い死亡率になっています。日本では健康診断の受診が広く行われているのですが、早期発見の成績は必ずしも良好とは言えません。がんは治療法の向上によって早期発見さえすれば怖い病気ではなくなって来ています。したがって健康診断や人間ドッグが重要になっています。最近は人間ドッグの受信者が増加しており急な予約を取れなくなっていますので、余裕を持って予約する必要があります。早期発見はがんの発症する部署によって検査が異なりますので、定期的にいろいろな検査をする必要があります。がんには転移しやすいものとあまり転移の心配をする必要のないものの両方がありますので、特に転移のしやすいがんは早期発見が必須です。

不幸にしてがんの早期発見が出来なかった場合には進行の状況や発症した部位によって治療方法が異なります。一般的にはがんの部分を手術によって切除します。転移の心配があるのでがんの細胞だけではなく周辺のリンパの部分まで切除をしなければなりません。転移はリンパ節から他の部位に広がっていくからです。一旦切除しても5年間経過しなければ完治とは言えないので安心できません。切除した後も定期的な検査をする必要がありますし、場合によっては放射線や化学療法によって転移を防ぐ必要があります。最近は放射線や化学療法に加えて免疫力の向上を図ることでがんの増殖を防ぐという方法が採られるようになりました。いずれにしても発症する前の早期発見が鍵になりますのでいくら忙しくても定期的に徹底的な検査を行うことが大事です。

日本人で増加している

女性

日本でも食生活の変化によって大腸がんの患者が増加しています。大腸がんは切除しても肺に転移することが多いので早期発見が重要です。潜血検査に加えてファイバーによる検査をすることが重要です。大腸を手術すると人工肛門にしなければならないケースがありますが、転移を防ぐためには広く切除する必要があります。

胃の癌の原因と予防法

男性

進行するとリンパ節の転移の可能性もある胃がんは、肺がんの次に死亡率が高い癌です。胃がんの原因は主に食生活とされています。胃がんの予防の為に塩分の過剰な摂取は控え、喫煙者は禁煙が望ましいです。栄養バランスを考え、緑黄色野菜を積極的に摂るようにしましょう。癌の早期発見の為に、定期的な検査も重要です。

増加中のがん

先生

直腸がんは男女ともにがん死亡率の中で多くを占めるものです。予防をしていても思いがけず罹患することがあるため、早期発見が肝心です。最も分かりやすい症状として血便が挙げられますので、気になる症状が出たらすぐに肛門科を受診することが大切です。